lifestory.art

誰にも模倣できない人生の物語を文章に。

プロライターがインタビュー&ライティング。
手軽に読めるブックレットの制作も承ります。

利用者様の声〜Y.Mさん〜

【プラン】
インタビュー/ライティング

【目的】
自分以外の人が描く自分に興味があったから。

【活用方法】
自分をより深く理解してもらうため家族や友人に配布する。

【ご感想】
事実や思いを単に羅列するのではなく、私という一人の人間に向き合っていただき、エピソード一つ一つを丁寧に扱ってもらえたことがとてもうれしかったです。また、自分が大切にしている価値観から紡ぎ出されたプロローグには感動しました。 全体を通して客観的に自分を振り返ることができ、自分ではこんな視点で語れない(書けない)であろうという仕上がりに大変満足しています。 現時点の自分の記録として、とてもいいものができたと思っています。 5年後、10年後にこの文章に触れたとき自分がどう感じるのか、その変化もまた楽しみです。サービスを通じての出逢いでしたが、人生の一端を共有した、人としての出逢いのように感じています。安藤さんに書いていただけて良かったと思っています。 本当にありがとうございました。

メリット
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

利用者様の声(職業:フォトグラファー)

【プラン】
インタビュー/ライティング/小冊子制作(組版・印刷発注)/朗読音声の制作

【利用した理由】
自分の価値観を文章にするのが苦手だから。
新しい切り口で情報を発信してみたいから。

【活用方法】
自社/個人サイトやSNSなどオンラインでのPRやコミュニケーションに活用する。
店舗での接客や顧客との面談などオフラインでのPRやコミュニケーションに活用する。
自分をより深く理解してもらうため家族や友人に配布する。

【今後利用してみたいサービス】
物語のアトリエ オンラインストアでの小冊子販売
朗読コンサートの企画運営
対話ワークショップの企画運営

【ご感想】
率直に大満足。頭の中にあったフワッとしていた伝えたいことを言葉に、文章に、形にしてもらえました。丁寧なインタビューで自分がやりたいことを聞き取ってもらえたし、自分では気づかなかった人生のポイントも見つけてもらえたり。この冊子がこれからどんな人に読んでもらえて、どんな出会いがあって、どんな感想いただけるかとっても楽しみです。

lifestory.art の特徴

  • ご自分で原稿を用意する必要はありません。ライターが一から書き起こします。
  • 商業出版ではなく自費出版です。お客様のご希望に沿って加筆修正できます。
  • 2時間のインタビューを5〜10分程度で読み切れる文章量(2000〜3000字程度)にまとめます。手渡し、店頭配布、DM封入しやすいサイズです。
  • 小冊子は8ページ/10部から。お話できる内容が少ない方もご安心ください。
  • ご家族やご友人に配りたい個人様や、お客様に配りたい法人様にお勧めです。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

このような方におすすめです

  1. これまでの人生を丁寧に振り返り、自分の価値観やビジョンを言語化したい。
  2. 自分らしさがよく分からないので、インタビューで引き出してほしい。
  3. 自伝の出版には興味があるが、自分で原稿を書くのはハードルが高すぎる。

use case

自己理解のために
今なぜ私はここにいるのか。たどってきた過去を丁寧にふり返り、現在地を確認し、選択したい未来を見つめます。
人生の節目に
進学、就職、転職、起業、結婚、出産、介護......人生の転機に感じた折々の「想い」は、未来の自分の羅針盤となります。
信頼関係の構築に
所属・知名度・スペックではなく人生のプロセス・価値観・ビジョンを共有し合える人間関係に損得のブレはありません。
創作活動の糧に

人生の喜怒哀楽をアートする。
そんな生き方を志向する人のために。

小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

steps

オンライン無料相談
1

オンライン無料相談では、制作工程や料金の詳細をご説明した後、ご質問にお答えします。強引な営業や決済のご案内は致しません。人となりをご確認頂き、十分にご納得の上でお申し込み下さい。

お見積書の送付
2
①インタビュー②インタビュー&ライティング③インタビュー&ライティング&小冊子制作の3コースからお選び下さい。インタビューの時間数、文章量、小冊子の仕様など、ご希望に応じてきめ細かくアレンジが可能です。そのため、必ずオンライン無料相談を経て、ご希望を整理してから、お見積書を作成します。
お申し込み(オンライン決済)
3
オンラインストアにお客様専用の商品ボタンをご用意します。お見積書との相違がないか再度ご確認の上、ご購入下さい。お支払いは①クレジット②銀行振込③コンビニ支払からお選びいただけます。PayPayまたはLINEペイでのお支払いをご希望の場合は、別途メールにてご案内いたしますので事前にお知らせ下さい。
インタビュー(対面またはzoom)
4
インタビューは約2時間です。対面またはzoomにて実施します。対面の場合は、物語のアトリエ(JR国立駅南口徒歩2分)にお越し頂くか、都内のご指定の場所に伺います ※出張費と交通費が別途かかります。また、スケジュール調整上ご希望に添えない場合もございます。何卒ご了承ください。

インタビューは文字起こしのため録音/録画します。録音/録画データはインタビュー終了後に共有させていただきます。
初稿送付/校正(原則2回まで)
5

原稿作成は以下のような手順で行います。

①録音/録画データをもとに文字起こし
②ドラフト作成(トピックスの取捨選択)
③プロット作成(文章の構成を検討)
④初稿作成

納品の際は、インタビュー内容をどのように編集したのかご確認いただけるよう、①②③④すべてのデータを共有いたします。
原稿はWord/Pages/pdfの中からご希望のファイル形式で送付します。1週間以内を目安にチェックしてご返信をお願いします。
加筆修正は、赤字でお書き込み下さい。表現について迷いが生じた場合は、メールやお電話にてご相談しながら進めてまいります。

【注意事項】
①インタビューで語られなかった内容は初稿に反映されません。インタビュー終了後に追加インタビューや加筆をご希望される場合には、別途料金が発生いたしますので、何卒ご了承ください。逆に、初稿はインタビューで語られた内容をもとに制作しますので、お話し頂いた内容のうち文章にしてほしくない内容につきましては、インタビュー中または終了直後にお知らせ下さい。

②こちらからの申し出により追加インタビューさせていただく場合には、別途料金は発生いたしません。

テキスト納品
6
インタビュー終了後1ヶ月以内を目安にテキストを完成させます。
納品したテキストは、お客様が自由に加工してご利用いただけます。
WEBサイトやsnsへの転載、音声や動画配信のシナリオなどにご活用下さい。
打合せ(小冊子制作ご希望の方のみ)
7
小冊子制作をご希望の方は、zoomにて小冊子の仕様についてお打ち合せを行います。(表紙デザイン、ページレイアウト、判型、用紙、印刷部数、印刷会社など)プロのフォトグラファー、グラフィックデザイナーのご紹介も可能です。(料金別途)
お見積もり(小冊子の印刷代・送料)
8
決済専用のオンラインストアにお客様専用の商品ボタンをご用意します。お見積書との相違がないか再度ご確認の上、ご購入ください。お支払いは、①クレジット②銀行振込③コンビニ支払いからお選びいただけます。PayPayでのお支払いをご希望の場合は別途ご案内いたしますので、その旨を事前にお知らせ下さい。
デザイン案の送付
9
お打ち合わせした内容をもとに2案作成します。
組版(InDesign)
10
ご選択いただいたデザインに原稿を流してゲラを作成します。
デザイン校正(2回まで)
11
校正は原則2回までです(色味、フォントの種類やサイズ、レイアウトの微調整等)。大幅なデザイン変更や追加のデザイン案をご希望の場合は、別途料金が発生いたします。ご了承ください。
お支払い(小冊子の印刷代・送料)
12
オンラインストアにお客様専用の商品ボタンをご用意します。お見積書との相違がないか再度ご確認の上、ご購入ください。お支払いは①クレジット②銀行振込③コンビニ支払からお選びいただけます。PayPayまたはLINEペイでのお支払いをご希望の場合は、別途ご案内いたしますので事前にお知らせ下さい。
印刷発注・納品(郵送)
13
各印刷会社様のガイドラインに沿って入稿します。完成した小冊子は、印刷会社様から直接お客様宛てに郵送となります。

profile

Writer|Narrative Coach

安藤陽子

2002年、早稲田大学第一文学部(文芸専修)卒業後、株式会社タウンニュース社に入社。まちのニュースの取材執筆から広告の企画制作まで編集業務全般を担当。鎌倉編集室、逗子葉山編集室で創刊編集長をつとめる。

2013年に長男を出産後、2014年よりフリーライター。2016年に長女を出産。二子ともに小児喘息で計20回の入院を経験。看病の合間を縫って、子育て・教育関連の専門メディアを中心に記事の企画執筆を続ける。

2020年2月、物語のアトリエ開業。同年7月、一般社団法人コーチング心理学協会ナラティヴコーチ認定。